CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
スーパーチャンネルでER(続報)
スーパーチャンネルのERサイトにいつのまにかお知らせが追加されてる!

■お知らせ■2004年7月本放送開始

2004年6月 スーパーERデイズ第3弾
2004年5月 スーパーERデイズ第2弾
2004年4月29日 スーパーERデイズ第1弾 第1話 先行放送
5月と6月の『スーパーERデイズ』って何だろう?
気になる〜。
続きを読む >>
| ER | 00:49 | comments(2) | trackbacks(0) |
ER #1 24 Hours
やっぱりLaLa TVの初回プレミア放送を見たくて契約してしまいました^^;
いやー、懐かしい!みんな若い!
続きを読む >>
| ER | 23:17 | comments(8) | trackbacks(1) |
ER #177 The Letter
訃報を知らせる手紙に悲しむ間もなく、いつものように次々と運ばれてくる患者が運ばれてくる。その風景は、マークの死という悲しい事実が明かされていなければいつもの『ER』と変わりない。何度もこのERを訪れている救急隊員でも気づかないのではないだろうかと思われるくらい、いつも通り患者であふれかえる中、全力で治療にあたる「ERのギャング」達。
こういうところが、私がERを好きな理由のひとつです。どんなに悲しくても、辛くても、世の中は止まることなく動き続けていて、私達は否が応でもその中で生きていかなければならない。それをERはうまく描いていると思う。ドラマの中に現実がちゃんとある。ERが描いているのは、「ドラマティックな現実」ではなく「現実の中のドラマティックな部分」だ。しかもそれを誇張して現実を忘れさせようとするのではなく、むしろ見ている者に現実を感じさせる。辛い現実の壁にぶつかった時、あきらめて受け入れるのか、立ち向かうのかは人それぞれだけど、その両方、時にはそれ以上のものを、ERは物語の中で見せてくれる。そんな気がします。ERが他のドラマと違うのはこういうところなのかな。現実から逃れることなどできないと、ERを見ていてよく思います。
続きを読む >>
| ER | 22:50 | comments(0) | trackbacks(0) |
LaLa TVの『ER』サイト
LaLa TVのサイトで『ER』のオープニング・ムービーが公開されています。
なかなかカッコイイです。
カウントダウンまでしてるし。
こんなものを見せられたらますます放送が見たくなりますね。

しかもこんなものまで!

LaLa TVのインフォメーションより


『ER』開始記念スペシャル「ジョージ・クルーニーの素顔」
(2004.02.25)

LaLa TVでは、20世紀最高の医療ドラマ『ER 緊急救命室』を6月より本放送スタート!これを記念して、本作でハリウッドスターに踊り出たジョージ・クルーニーのインタビュー番組をオンエアします!
■放送日時: 4/25(日)20:00、26(月)15:00
ダグのファンとしてはぜひ見たい!
来月からLaLa TVも契約しようかな。
ビバヒルもフルハウスも見たいなぁ。
あぁ、どうしよう。
| ER | 08:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
ER #175 ORION IN THE SKY
マークのER勤務最後の日。うー、何回見ても悲しい。
最初にこのエピを見た時より、先のエピを見ているだけに、前とは少し違う印象を受けました。

延命治療で苦しみながら少しだけ長く生きるより、穏やかに死ぬことを選んだマーク。医師として苦しみながら死んでゆく患者を沢山見てきたからこそ、こういう選択が出来たのかな。

私ならどちらを選ぶだろう・・・。
| ER | 23:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
<< | 2/3PAGES | >>